サプリメントどうやって決めていますか?

自分の勘やたまたまテレビで見たCM、もしくは、雑誌の広告やネット口コミから、安易にサプリメントを決めることは血糖値を測らないでインスリン注射をすること血圧を測らずに、降圧剤を飲むことと同じです。

分子栄養医学研究会は、近年広く認知されるようになった分子栄養学を元に、貴方にはどのようなサプリメントがあっているのか?を決めるための様々な方法論を研究しています。

分子栄養学の歩き方

分子栄養学(オーソモレキュラー療法)は、サプリメントなどの栄養素で医療効果を得るための方法論です。

今や、日本国内でもサプリメントを扱う医療機関は、個人クリニックを中心にして優に1000は超えており、多くの医師・歯科医師が分子栄養学の理論を取り入れたサプリメント処方を行っています。

「サプリメント」は、形状は「薬」に似ていますが中身は全く異なるものであり、うまく使うためにはコツがいります。
この講座では、そのコツを解説しています。

主なコンテンツ

全ての講座案内はこちら

臨床分子栄養医学研究会では、クリニックでの脳の生化学検査や治療の導入をご検討の先生方に対して、セミナー、症例検討会を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする