カウンセラー養成講座

分子栄養学実践講座の講師でお馴染みの馬篭純子さんによるカウンセラー養成セミナーの開催が決定しました!

 

カウンセラーに至るまでの経緯と今の心境について

宮澤
今はすごくお元気に見えますが、昔は病弱だったとか・・・
マゴメ
アトピーで花粉症、風邪をひきやすい虚弱体質でした
宮澤
どのように克服したのですか?
マゴメ
栄養療法のクリニックで治療を始めて以降です。6年前でした。

それまでは、菜食やマクロビオティック、ローフード、酵素栄養学など食餌療法をあれこれ試していました。

宮澤
いろいろ試行錯誤されたんですね。
マゴメ
始めた当初は糖質制限とサプリメントで急に活力が生まれて元気になり、効果が出たような体感がありました。
宮澤
効果があったのですね。
マゴメ
ところが、データの数値は一向に良くならず、サプリメントの量ばかりが増えていき、次第に自分のやっていることに疑問が生まれるになりました。データを見て、なぜこのサプリメントが必要だと分かるのか? なぜこの分量が必要なのか? それは本当に効果の実績がある量なのか? 色々な疑問が生じ、自分なりに調べるようになっていきました。
宮澤
やはりそこ気になりますよね
マゴメ
ちょうどそのころ、栄養療法を通して知り合った方が実践講座に参加されていて、私も参加することにしました。
宮澤
2-3年前でしたね
マゴメ
実践講座の勉強会は毎回とても新鮮でした。 本当の意味での「栄養をもって身体を治す」ことが、参加するたびに詳らかになっていき、決して「栄養療法=サプリメント療法」ではないことが分かりました。
宮澤
そのあたりから、アウトプットをはじめたと
マゴメ
はい。自分で勉強したことを復習をかねてブログにアウトプットしていったのですが、同じ悩みを持つ方からの質問が日々増加していきました。 最初は無料で相談に応じていたのですが、限界がきて有料化しました。
宮澤
そうやって「カウンセラーまごめ」が誕生したんですね。カウンセラーとして活動し始めてよかったことはなんですか?
マゴメ
一番うれしいのはお礼のメールを頂いたときです。 ご相談いただいた方が元気になっていく様子を知るのはたまりません。
宮澤
現在は、カウンセラー専業でなさっているのですよね。
マゴメ
ブログ経由の収益が上がり始めたので、2016年末に会社員を辞めました。 当時の収入は会社員時代の手取りの半分です。 収入が減ることに抵抗がなかったと言えばうそになりますが、辞めることは治療の一環でもありました。

自分の生活スタイルを根本から変えなければ、一生副腎疲労からは抜け出せない。 これからはお金よりも、もっと自分の身体を大事にして生きていこうと思ったからです。 やりたくないことをやっているうちは、どんなに高価なサプリメントも完璧な食事療法も効果は頭打ちになるということを実感しました。

宮澤
カウンセラーになってライフスタイルは変わりましたか?
マゴメ
会社員を辞めるメリットは自分の自由な時間で働けることです。 通勤のストレスが無く、やりたくない仕事はしない、調子が悪い時には寝てれば良い。それでも十分な収入が得られるようになりましたから、もっと早い段階で辞めておけばよかったと後悔しています。
宮澤
羨ましいですね(笑)

最近ではクリニックでのカウンセラー業も始めて頂きました。

マゴメ
今は週に1回メディカルキュア表参道クリニックで栄養外来を担当しています。
宮澤
カウンセラーを志す人に一言お願いします
マゴメ
今までいろいろな講座やセミナーに参加してきて、試行錯誤を繰り返し、実際に効果があったと思うノウハウのみをご紹介します。せっかく勉強したのですから、ぜひ分子栄養学カウンセラーとして活かして頂きたいと思います。

下記のような方にお勧めのセミナーです。

  • 自分の経験を活かしてカウンセラーとして働いてみたい方
  • 分子栄養学、栄養療法の知識をもとにしてカウンセラーとして働いてみたい方
  • 分子栄養学カウンセラーが実際にどのように利益を上げているのか知りたい方
  • 栄養カウンセラーとして利益率の向上、キャッシュポイントの多角化を行いたい方
  • カウンセラーとして独立してみたいけど今はまだ自分に自信がないと思う方
  • 独自ドメインを使った情報発信によるマネタイズ方法が知りたい方

セミナーの内容

① 知識と実践のバランスをとってみよう

知識(Input)と実践(Output)のバランスを取る

・現在のアウトプットは将来への投資、Outputを習慣化するコツとは?

効果的なOutputとして情報発信の手法について

・独自ドメインと大手ブログサービスの違いについて
・いったいいくら儲かる?ブログを使ったマネタイズ手法のノウハウ

データを読むことの重要性について

・実践力、データを読む力を身につける具体的な方法について

② カウンセラーとして行動してみよう

具体的なカウンセリングの手法について

・カウンセリング、コンサルティング、ティーチングを意識して使い分けるテクニック

聞く技術、問診の取り方について

・得られる情報はデータだけではない、望診、触診、視診、得られるその他の情報を利用するノウハウ

顧客、クライアントが求めているものは何?

・顧客にとっての「価値」とは〇〇である、○○を表現できれば集客には困らない

③ 自分を差別化、ブランディングしてみよう

ブランディングと知識、技術力は関係がない

・自分の思う自分と他者からみた自分のギャップを感じてみよう(ワーク)

自分の魅力の棚卸、ブラスアルファによるブランディング

・個人ブランディングに不可欠な「スラッシャー」とは?

ブランディングの具体的な手法について

・自分メディアの活用法と習慣化、パクリの法則について

初心者でも失敗しない・イベント、セミナー開催方法、集客の具体的なコツ

・プレゼン力の磨き方、お勧めの教材について

④ トラブルを想定してみよう

【法律上の規制を知る】

・どこまでがOK?どこからがNG?具体的な薬機法の制限について

【アンチ、炎上の対応法】

・アンチ、炎上の場合の心構えと対策について

⑤ 自分軸をつくりヴィジョンを描こう

【ビジョンとは目標の違いとは?】

・ビジョンを言語化を行い、自己の成長を楽しみながら他者貢献を実現しましょう

講師

馬篭 純子

臨床分子栄養医学研究会 認定指導カウンセラー
ビタミンアカデミー 主宰

1969年、熊本県生まれ
栄養療法によってアトピー、花粉症、機能性低血糖症、摂取障害、貧血、疲労感を完治させました。
2016年、第7期より宮澤先生の分子栄養学実践講座に参加。
以降、分子栄養学認定カ指導ウンセラーとして良質の情報発信を心がけています。

趣味はヨガ、SUP、分子栄養学のお勉強
特技は英語、前職は外資SE

分子栄養学実践講座では講師や症例検討会のグループリーダーとして活躍している。

講師から一言

マゴメ
分子栄養学を基礎にした栄養カウンセラーとして、独立して仕事をしていきたい方のための講座を開催いたします。
患者側であった人が栄養カウンセラーになることは、自身の経験が生かせますからたいへんなメリットがあります。当然ですが、自分と似た症例、自分と似たデータの患者の状態はとてもよく理解できます。実体験が活かせるので、指導も上手く出来ます。これは医師には出来ないことです。そもそも、医師国家試験に合格するような元気で体力のある人に、患者の気持ちを理解して具体的な指導をせよというのは困難です。鉄欠乏の無い人にサプリメントが嚥下出来ない人の気持ちは分かりませんし、
胃腸の状態が良い人にプロテインが飲めない人の気持ちは分かりません。
経済的な制約があるのに、サプリメントを買わないといけない、肉も食べないといけない、
追いつめられる患者の気持ちが分かるのは過去に患者を経験した人だけです。ぜひご自身の経験を生かして活躍してみてはいかがでしょうか?

日時

日時:2018年5月20日(日)13:00~18:00

会場:ビジョンセンター東京八重洲中央口

GoogleMapはこちら

JR東京駅 八重洲中央口・北口 徒歩3分(地下街 21番出口 徒歩2分)

東京メトロ 日本橋駅 徒歩4分

東京都中央区日本橋3-3-3 八重洲山川ビル6F

受講のお申し込みはこちら

◆受講資格◆

臨床分子栄養医学研究会 認定医・認定カウンセラー以上の方

 

◆受講料金◆

お申し込みはこちら

54,000円

(決済サイトへ移動します。銀行振込・クレジットカード決済・コンビニ支払いが可能です)

お問合せはこちら

3営業日以内にご返信させて頂きます。
事務局から連絡がない場合にはメールが届いていない可能性がございますので、再度お送り頂くか、直接事務局にご連絡ください。

馬篭セミナー”]

キャンセルポリシー

キャンセルのご連絡

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は必ず事務局までご連絡ください。

info@orthomolecularmedicine.net

キャンセルポリシー

申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。申し込み前に必ずご確認ください。

◆キャンセル料◆
 ・連絡なしの不参加:受講料の100%
 ・セミナー10日前~当日:受講料の100%
 ・それ以前のキャンセル:返金の際の振込手数料を除いた金額の返金

開催日時の変更について

弊社都合により講座の開催日時を変更する場合は、講師の急病などやむを得ない場合を除き、
原則としてセミナー開催の7日前までにセミナー事務局よりメールまたは電話でご連絡いたします。
その際、あらためて参加・不参加のご希望を確認させていただき、ご参加いただけない場合は、受講料を全額返金いたします。

開催中止について

弊社都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則としてセミナー開催の7日前までにセミナー事務局よりメールまたは電話でご連絡いたします。受講料は全額返金いたします。

なお、弊社からセミナー日時の変更または中止のご連絡を行わない限り、天候などの事由によりキャンセルをされる場合にもお客さま都合でのキャンセルとなり、キャンセル料の対象となります。あらかじめご了承ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る