簡便で情報量が多い有機酸検査

最近は、副腎疲労症候群に加えて、うつや強迫性障害、概日リズム障害という病名を持った患者さんを診させていただく機会が多くなりました。

それに伴い、私も検査の内容や方法を少しずつ変更しています。

精神的な疾患の原因が脳自体にあることは少なく、体の不調が精神症状として表れていることが多いです。
だから、私の外来では精神疾患の原因として、腸やミネラルバランスを見ています。

最近力を入れているのは、毛髪ミネラル検査と有機酸検査です。

有機酸検査は、朝一番の尿を摂るだけで74項目もの様々な栄養と代謝のプロフィールを見ることができるという非常に優れた検査です。
しかし、検査項目が多く複雑で、検査結果のガイドを見ても簡単に理解することが難しい検査でもあります。

そこで、今日はこの有機酸検査について、書いてみようと思います。

腸を診る事が出来る尿検査

有機酸検査は、一言でいうと「腸を見ることができる尿検査」です。しかも、時には便検査よりも腸の状況を的確に判断できるのです。

腸と脳は非常に強いつながりを持っていますので、私はほとんどの患者さんに便検査を行っているのですが、

なかなか疲れがとれない方に、この検査を導入するようになりました。

有機酸検査といっても、新生児のスクリーニングで行われる稀な病気に対する検査ではありません。

米国疾患コントロールセンターで自閉症、精神疾患についての研究を行っていたウイリアム・ショー博士が自らの経験をもとに独自に作り出したものです。

先月に行われた講演で彼はこういっていました。

「 自閉症の子供において、尿中で上昇しているもののほとんどは微生物に関連していることがわかった。

多くの医師は、自閉症は遺伝子由来だと主張したが、私は反対に、遺伝子に依存しない原因がここにあると確信し、この研究を続けた。 」

それから、彼は特に腸内微生物と尿中に出てくる代謝産物の関係について、様々な論文を発表しています。

そして、その集大成として、グレートプレーンズ研究所を設立し、有機酸検査を作り上げたのです。

有機酸検査のしくみ

ところで、なぜ尿検査をすることで腸内の状態がわかるのでしょうか?

尿検査と言っても、尿を培養するのではありません。
腸に住んでいる酵母菌の産生物を見ているのです。

この産生物は分子量が小さいため、正常の消化管でもある程度は吸収され、門脈から肝臓、腎臓を経由して、尿細管から排出されます。

このしくみによって、尿の検査をすることで消化管で何が起きているかを間接的に見ることができるのです。

例えば抗生剤を使えば、酵母菌が増え、善玉菌が減り、酵母菌が産生する物質も増加します。
だからアラビノース、酒石酸の産生量はカンジタ症の間接的なマーカーとなります。

また、多くの精神疾患で脳内のドーパミンレベルが高いことが報告されています。

過剰のドーパミンは神経細胞を傷つけることは有名です。
ノルエピネフリンに転換されなければなりません。

それを見るのが有機酸検査のHVA/VMA比率です。

ノルエピネフリン不足に対して、単純に材料のフェニルアラニンやチロシンをサプリメントで追加しても解決にならない事が多いですが、それはドーパミンからエピネフリンへの変換が妨げられているからです。

これが妨げられる理由は、銅やビタミンC不足、そして腸内のクロストリジウムです。

このように腸内細菌と神経伝達物質は密接に影響し合っているのですが、クロストリジウムと神経伝達物質、ビタミンC不足をすべて網羅している検査というのは、この有機酸検査をおいて他にはありません。

このように、有機酸検査というものは、全ての検査項目が有機的につながりをもつように、設計されています。

全てがつながっている

そうなんです。

有機酸検査は、ショー博士が研究の末に、脳と腸で何が起こっているかがわかるように必要な検査項目を全て組み入れた総合検査です。

この検査でここが上昇していたら、次はここを見る、というようにすべてがつながっており、そのつながりを辿っていくことで、患者さんのストーリーが語れるようになっています。

それだけではありません。

精神疾患の原因として大変重要なミトコンドリア機能障害の評価もできます。

ドーパミン過剰により増加する酸化ストレスマーカーとして、グルタチオンのレベルもわかります!

新生児スクリーニングでも行われるアミノ酸代謝異常もカバーしています!

ショー博士が自分の研究の集大成として全てを詰め込んでいるんです。

検査からストーリーを読み取れるようになれば、こんなにお得な検査は他にありません。

精神を患っている方はもちろん、慢性疲労の方、慢性腸疾患を持っている方にも是非一度受けて頂きたい検査です。

ウイリアム・ショー博士の講演を収めた動画が完成しました。

有機酸検査の見方をはじめとして、食物アレルギー検査、ビタミンD、およびメタル検査の適応方法そして、食事とサプリメントによる自閉症の治療の方法までを含んだ4枚組、計5時間56分のDVDです。

これも大変お得だと思います。
検査と一緒にどうぞ。

「 まずは正しく診断をすることがなによりも重要です。
それによって、標的を定めた治療が可能になるし、治療期間の目安がわかります。
それが、結局は時間とお金の無駄遣いを防ぎます。 」

ニュージーランドの自然療法医、Corene Humphereys

・個別化の栄養療法を実際に行いたい
・根本原因の見つけ方を具体的に知りたい
・具体的なサプリメントの処方量、優先順位を知りたい
という方のための、プロフェッショナル向け講座、第10期(2018年3月スタート)募集開始しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする