テクノロジーニュース

価格.com – 【新生活2021】花粉対策から通年利用まで、空気清浄機 最新モデルまとめ

2021年03月07日 07:09









【新生活2021】花粉対策から通年利用まで。空気清浄機 最新モデルまとめ

3月に入り、本格的な春の訪れとともに、スギ花粉の飛散もピークをむかえようとしている。日本気象協会の発表によれば、「例年より少なかった2020年春と比較して、2021年は九州から関東にかけて多く、四国や東海、北陸、関東で非常に多くなる見込み」とのこと。「前シーズンに花粉症の症状が軽かった人も、2021年春は注意が必要」と呼びかけている(参考:「日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第4報)」より)。

さらに昨今、黄砂や微小粒子状物質(PM2.5)に加えて、巣ごもり時間の増加から「室内の空気を清潔に保ちたい」というニーズも高まっている。空気清浄機はもはや、花粉シーズンだけでなく、1年を通して活躍する家電製品のひとつになっている。もし空気清浄機の購入を検討しているのであれば、この点にも注目して選ぶといいだろう。

そこで今回は新生活のスタートにあわせて、価格.com新製品ニュースで取り上げてきた空気清浄機から、直近約半年間に発表された新モデルをピックアップして、ご紹介する。(リンク先はすべて記事公開時の情報。在庫状況など、最新の情報は各メーカーのホームページまで)。

■ダイキン、波長265nmの「UVC LED」を採用した「UVストリーマ空気清浄機」

「ストリーマ技術」に加えて、波長265nmの「UVC LED」と抗菌剤を添着した「抗菌HEPAフィルター」を搭載したモデル。「UVC LEDユニット」から90分ごとに深紫外線を30分照射する「UV清浄」により、「抗菌HEPAフィルター」を清浄する。専用スマートフォンアプリとの連携にも対応した。

■ダイキン、「抗菌加湿フィルター」を新搭載した空気清浄機3モデルなど

同社独自の「ストリーマ技術」を搭載した家庭用空気清浄機。主な特徴として、「うるるとさらら空気清浄機 MCZ70X-T」「加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70X-W(ハイグレードタイプ)/MCK55X-W(スリムタワータイプ)」の3モデルは、小林製薬製の持続性抗菌剤「KOBA-GUARD(コバガード)」を採用した「抗菌加湿フィルター」を新たに搭載する。

■ブルーエア、新テクノロジー採用のフラッグシップ空気清浄機「Blueair Protect」6機種

 「Blueair(ブルーエア)」のフラッグシップ空気清浄機「Blueair Protect(ブルーエア プロテクト)」。新開発の「HEPASilent Ultra」「GermShield」「SpiralAir」の3つのテクノロジーを採用。0.03μmとナノレベルの超微粒子を99%以上除去(暮らしの科学研究所調べ)する。空気の汚れ具合を確認できる5色のLEDステータスバーも装備する。

■パナソニック、「3Dフロー花粉撃退気流」と高濃度「ナノイー X」搭載の加湿空気清浄機

「3Dフロー花粉撃退気流」と、高濃度になった「ナノイー X」を新たに搭載した加湿空気清浄機。部屋の空気の状態や稼働ログの確認、メンテナンスサポートが行えるアプリ「ミルエア」が進化し、「わたし流運転」において花粉、ハウスダスト、PM2.5、ニオイ、湿度のほか、運転音の気になる度合いを入力することで、使用者の悩みに合った運転モードの設定が可能となった。

■象印、最大運転時39dBの低騒音を実現した空気清浄機「PU-AA50」

テレビ通販などの通信販売ルートで先行販売していた空気清浄機「PU-AA50」が一般発売。最大24畳に対応する、大畳数タイプの空気清浄機で、床上30cmを360度全方位から吸引・清浄を行う点が特徴。「二重反転プロペラファン」を搭載し、最大能力で運転しても39dBという低騒音を実現する。

■シャープ、「二層構造加湿フィルター」を搭載した加湿空気清浄機「KI-NS50」など

「KI-NS50」は、「二層構造加湿フィルター」を搭載したプラズマクラスター加湿空気清浄機。さらに、高濃度「プラズマクラスター25000」を搭載し、浮遊した花粉アレル物質やウイルスの作用を抑える(ITEA調べ)という。このほか、プラズマクラスター空気清浄機「FU-NC01」も同時発表した。

■ドウシシャ、「イオニシモ」を搭載した空気清浄機「APV-151HI」

村田製作所が開発したイオナイザモジュール「イオニシモ」を搭載した空気清浄機。「においやホコリの対策ができるだけでなく、ウイルス・菌・カビを抑制できる」とのこと。ホコリセンサーを搭載し、空気の汚れを感知して運転モードを「強/中/弱」から自動で切り替える。活性炭付きHEPAフィルターも採用した。

■ヒロ、高性能な3層フィルター搭載のマイナスイオン空気清浄機「HT-BJ002」

幅36cmで重量3.4kgと軽量コンパクトながら、20畳(36平方メートル)の広さに対応する空気清浄機。 高性能な3層フィルター(プレフィルター、HEPAフィルター、脱臭専用活性炭フィルター)を搭載する。

■ソースネクスト、米Molekule製の空気清浄機「Air Mini+」取扱開始

ソースネクストが、米Molekule製の空気清浄機「Molekule Air Mini+ (モレキュル エアー ミニ プラス) MN1P-JP」の取り扱いを開始。独自の「PECOフィルター」を搭載した空気清浄機で、PECOフィルターを空気が通過する際に、花粉やダストなど粒子の量を測定し、空気の状態を4色で表示する。ヴィーガンレザーのハンド・ストラップも装備した。







このほかの空気清浄機 ニュース



もっと見る



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button