テクノロジーニュース

IMPC™テクノロジーによる設計例:オーバーヘッドコンソール



弊社で独自に試作した、IMPC ™のイメージサンプルです(弊社資産)。自動車の天井にあるボタンやライトを想定したオーバーヘッドコンソールという部品に適用した結果、様々なメリットが得られることが確認できました。

・薄型化  :組付け隙や基板保持構造を削減でき、ルームランプの導光部分を除く厚みは約5mm以下を達成

・軽量化  :市販の同様な機能を持つオーバーヘッドコンソールに比べ、1/3程度の軽量化

・コスト削減:部品点数・配線コネクタの大幅な削減により、数百円程度のコスト削減(※弊社独自試算)

タッチセンサー、ハイパワーLED(数A程度の電流値のもの)、物理スイッチなどの部品をはんだ付けで搭載しています。以下の動画で、機能を確認できます。

———————————

IMPC ™(In-Mold Printed Circuits) is a design and manufacturing solution that provides an integrated, optimized design for the entire component instead of the traditional manufacturing method where plastics and electronic circuits are designed and manufactured separately.

By integrating the resin and the circuit, a wider range of optimized designs can be achieved, resulting in various advantages such as weight reduction, thinness, and cost reduction.

This is an image sample of an IMPC™ that we have made as a prototype (our asset). As a result of applying IMPC™ to an overhead console, which is designed to resemble buttons and lights on the ceiling of an automobile, we were able to obtain various advantages.

ソース

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button