テクノロジーニュース

【ホンダ N-BOXカスタム】JF3、4系 G・Lターボホンダセンシング グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説



グーネット公式Youtubeチャンネル

こちらはホンダのN-BOXカスタムの動画カタログです。

グーネットの人気車種を動画カタログ化!
再生リストはこちら

内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

国内で高い人気を誇る軽スーパーハイトワゴン。
専用パーツを身にまとい、上質感を放っています。
今回はホンダ・N-BOXカスタムのご紹介です。

型式:6BA-JF3
長さ 3395mm
幅  1475mm
高さ 1790mm

Hondaスマートキーのリモコン操作で、
離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯した状態であれば、ドアハンドルを握って解錠、
ドアハンドルのロックボタンを押して施錠することが可能です。

テールゲートにはオープンスイッチとロックボタンが付いており、
キーを携帯して操作することで、解錠や施錠ができます。

スライドドアは、
キーのリモコン操作で自動的に開閉することが可能。
自動開閉の作動中にもう一度リモコン操作をすると、
動きが途中で止まります。

スライドドアを半ドアの状態まで閉めると、
自動で閉まるイージークローザーが作動します。

エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
キーを携帯してブレーキペダルを踏み、
スイッチを押すとエンジンが始動。
併せてメーター類も起動します。

ステアリングの左側は、
オーディオや音声機能を操作するスイッチがあります。

ステアリング右側には、運転支援機能を設定するスイッチや、
マルチインフォメーション・ディスプレーを操作する
スイッチが配置されています。

マルチインフォメーション・ディスプレーは
メーターの左側に配置。
画面を切り替えて、航続可能距離など車両情報の確認や
運転支援システムの設定を変更することができます。

ステアリングの裏側に、パドルシフトを装着。
セレクトポジションがSの時や、
パドルシフトを直接操作することで、
手動で変速操作できる7速マニュアルシフトモードになります。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。

パワースライドドアスイッチは、
中央のスイッチをONにすると、スイッチやスマートキーの操作で
スライドドアを自動開閉させることが可能になります。
両隣のスイッチで、それぞれのスライドドアを自動開閉できます。

エンジンスイッチの下に、
運転をサポートする機能のスイッチが並びます。

滑りやすい路面などでの、
急激な車両の挙動変化を抑えようとする機能を、
停止するスイッチです。
機能をOFFにすると、メーター左側の表示灯が点灯します。

車両が車線を逸脱する可能性を検知し、
逸脱回避をアシストする機能のスイッチ。
ONにするとスイッチのインジケーターが点灯すると同時に、
マルチインフォメーション・ディスプレーに
メッセージが表示されます。

車両の前方で先行車や対向車にぶつかるおそれがある時に、
ドライバーのブレーキ操作を支援するシステムを
OFFにするスイッチです。
システムをOFFにすると、メーター左側の警告灯が点灯します。

運転席の左側にはECONスイッチがあります。
エンジンやオートエアコンの作動を抑え、
省エネ運転をしやすくします。

大きな画面で見やすいナビゲーションシステム。
スマートフォンのような感覚で操作できます。

エアコンはオートスイッチを中心に、
スイッチやモニターをコンパクトに集約。
空気浄化や脱臭効果を期待できる、
プラズマクラスター技術を搭載しています。

運転席と助手席にシートヒーターを搭載。
暖かさを2段階で設定できます。

セレクトレバーはインパネに設置され、
操作性に優れたストレート式です。
セレクトポジションは、
メーター中央のシフトインジケーターで確認できます。

LEDを採用し、手元を明るく照らすマップランプ。
レンズを押して点灯します。

フロントドアには手荷物を入れる収納スペースを多数用意。
アッパーポケットとミドルポケットは小物入れに。
ロアーポケットは雑誌が入るサイズで、
ボトルホルダーが付いています。
助手席のミドルポケットは2つに分かれているのが特徴です。

運転席正面に、
ボックスティッシュが入るサイズの収納スペース。

掘り込み式のドリンクホルダーが、運転席の右側にあります。

運転席のひざ元にも小物を収納できるスペースを用意しています。

助手席正面のインパネトレーは、
手持ちの小物やスマートフォンを手軽に置ける大型サイズ。
右側にはUSBジャックを3個設置しています。

グローブボックスは車検証の収納に適したサイズです。

グローブボックスの右側に、収納式のドリンクホルダーを用意。
500mlの紙パック飲料も置けて便利です。

インパネ中央の下部に、
3kgまで対応できるコンビニフックがあります。
その隣には、アクセサリーソケットを装着。
そして下には、折りたたみ傘を収納できる
ロアボックスを設置しています。

運転席の裏側には、大きさが異なる2つのアッパーポケットと、
雑誌やノートが入るサイズのポケットを用意。
助手席の裏側はアッパーポケットと、
3kgまで荷物をさげられるコンビニフック、
そして運転席と同じサイズのポケットがあります。

リアシートの左右にドリンクホルダーを設置。

両側のスライドドアに、ロール式のサンシェードを装着。
日差しが強い日のドライブに欠かせません。

テールゲートの中央上部に、大きなミラーを設置。
クルマのすぐ後ろの視界をサポートします。

カーゴスペースは地上高47cmの低い床と、
120cm以上の開口高が大きな特徴。
重い荷物や背の高い荷物も積み下ろしがしやすい設計です。

カーゴスペースの床下には、タイヤがパンクしたときの
応急処置に役立つ工具類と修理キットを格納しています。

リアシートはカーゴスペースの床にあるストラップを引いて、
前後にスライドさせることができます。
シートを前にずらして、荷室を広げることが可能です。

リアシートの肩口にあるレバーを引き上げるだけで、
背もたれを前に倒しながら、足元に収納させることが可能。
後席が広々とした空間に早変わりします。

リアシートをたたみ、助手席を後ろに倒せば
長い荷物を積み込めるスペースを確保することができます。

リフレッシュモードは、
ロングドライブの休憩に使えるシートアレンジ。
リアシートを後ろにスライドさせて、
フロントシートのヘッドレストを外し、
背もたれを後ろに倒せば完成です。
リアシートから足を伸ばして座ることができます。

リアシートは、座面を跳ね上げて固定することも可能。
高さのある荷物や、ベビーカーをたたまずに
積み込みたい時などに便利です。

メッキバーと一体感のあるデザインが目を引くヘッドライト。
シーケンシャルターンシグナルランプが、
クールな印象を際立たせています。

リアコンビネーションランプは、
カスタム専用の装飾を取り入れて、クールな印象をアップ。
LEDを採用しており、視認性も良好です。

使いやすさと快適性を追求した、
広い車内空間はカスタムモデルでも健在。
ビジュアルも機能性も納得の一台、
ホンダ・N-BOXカスタムのご紹介でした。

#ホンダ #NーBOXカスタム #グーネット

ソース

もっと見せて!

Related Articles

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button