テクノロジーニュース

MITテクノロジーレビュー主催「Innovators Under 35 Japan 2020」を受賞|半熟仮想株式会社のプレスリリース

Innovators Under 35は、マサチューセッツ工科大学が所有するグローバル・メディア「MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)」が、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的として、1999年から開催している世界的なアワードです。過去には、Google共同創業者のセルゲイ・ブリン、Facebook共同創業者兼会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグも受賞しています。

 

「Innovators Under 35 Japan」はその日本版にあたり、中国や欧州に続く7番目のローカル版として本年度初めて開催されました。同賞は当社代表の成田を「データやアルゴリズムが、機能不全に陥った社会の価値制度インフラを変えていくという理念の下で、複数の国や文化、業界をまたいで活動する『革命家』」の評価しました。

Yusuke Narita

受賞者の詳しい情報は、MITテクノロジーレビュー[日本版]Webサイトをご参照ください。

https://www.technologyreview.jp/l/innovators_jp/under35jp_2020/

2月19日(金)には、東京・室町三井ホールにて、受賞者を紹介する「Innovators Under 35 Japan Summit 2020」が開催され、当社代表の成田も登壇予定です。本イベントの模様はオンラインで配信されます。詳細はInnovators Under 35 JapanのWebサイトをご覧ください。

https://events.technologyreview.jp/iu35/

【当社について】

半熟仮想株式会社は、データ・アルゴリズム・数理・思想を組み合わせ、事業や政策、そして社会の未来像をデザインしています。特に「市場設計」「反実仮想機械学習」「因果推論」といった技術では国内屈指の人材と技術を持ち、多数の企業との共同事業・研究や独自の基礎研究・ソフトウェア開発などを行っています。これらの活動を産学や国境の壁を超えて行うのが、イェール大学・MIT・スタンフォード大学・東京大学・東京工業大学・東京芸術大学など所属・出身で事業経験も備えた科学者やエンジニアです。

【MITテクノロジーレビューについて】

『MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)』は1899年に米国マサチューセッツ工科大学によって創設された、世界で最も歴史と権威があるテクノロジー誌です。米国版の読者層は、その8割超がテクノロジー部門の責任者であり、6割が経営層に読まれています。日本版は株式会社KADOKAWAの子会社である株式会社角川アスキー総合研究所が米Technology Review Inc.とのライセンス契約のもと、2016年10月から会員制Webメディアとして運営しています。
https://www.technologyreview.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

E-mail: [email protected]

電話番号: 03-6822-5496

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button