テクノロジーニュース

【がんばらない働き方①】Google式仕事術「やらないことリスト」



中田敦彦の授業を生で受けてみたい人はオンラインサロン「PROGRESS」へどうぞ!

前編:
後編:

協力:青春出版社、河出書房新社

参考文献:
「ゼロから“イチ”を生み出せる!がんばらない働き方」ピョートル・フェリクス・グジバチ(青春出版社)

「すぐやる人のやらないことリスト」塚本亮(河出書房新社)

中田敦彦オンラインサロンはこちら

2ndYouTubeはこちら

Nakata’s Englishはこちら

オリエンタルラジオOfficialはこちら

XENO通常版(980円税込)はこちら

XENO豪華版(8,833円税込)はこちら

販売元:xeno official

テーマソング「XENO」配信中

公式サイトはこちら

アパレルブランド「幸福洗脳」はこちら

#仕事術 #教育 #授業

ソース

もっと見せて!

Related Articles

50 Comments

  1. 決められたことを決められた通りこなす仕事ってのはワイのような凡人には思考停止で稼げるから頑張らない働き方より楽なのかも(´・ω・`)

  2. 「捨てる」という言葉が一番響きました!
    (難しいけれどやらなくては・・・)

  3. うちは頑張ること=ADHDの深い思考=過集中による成長が当たり前で習慣になってて頑張る方が人生楽しいから。健常者的には頑張っていないと感じる頑張り方って事かなって感じた。

  4. 中田さんの「くせ字」が好きです。「い」が「り」に時々見えるけどこれが「個性」だと思います。

  5. 自分はパソコンソフトで作業することが多いのですが、
    最近は中田さんの動画をバックグラウンドで再生しながらしてます。
    声に張りがあって作業してるこちらも引き締まりますし、
    話がお上手でホワイトボードがなくてもある程度話が入ってきます。

    個人的に本ランキングやアニメランキングなんかも見たい(聴きたい)ですが、
    紹介の妨げとかになるので、さすがにちょっときついっすかね、、、

  6. 頑張れ=いっぱいやれ、だからもうすでにやっている人には響かない、頑張れの意味をわからずに使っている人が多すぎる、もし「頑張れ」って言いたいなら「いっぱいやれ」とか「数をこなせ」って言うべき

  7. 仕事の改善ですね!私は今底辺でぬるま湯につかってますがこの知識をおぼえておいて
    ぬるま湯じゃない環境にかわったときは人に頼る力や無駄なことを減らします。やらないこともきめます!
    ちなみにいまのぬるま湯でも結構他人にたよってますw

  8. 「生産性」という指標には、ツッコミ所が多過ぎるように感じます。確かに生産性の向上は必要ですが、現在使われている指標をそのまま用いて海外と比較するのには、疑問を呈すべきではないでしょうか。そうした疑問がスルーされたまま「生産性向上を!」と訴えるのは、感情としては賛同したいものの、「定義が曖昧過ぎる」と主張せざるを得ません。そもそも論ではありますが、もう1度、労働生産性の国民比較表に目を向けてください。失業率が10%を超えるイタリアが11位、スペインが16位です。では失業率が低下して就業者数が増えれば、労働生産性を維持したままGDPが向上するでしょうか?ここが生産性指標の難しいところです。GDPや就労者数は、需要と供給のバランス、インフレ率、所得など、国ごとに複雑に入り組んだ経済指標の1つにすぎません。果たして、経済状況の全く違う海外と日本を比較するのは、本当に正しいのでしょうか?

  9. 「やらないリスト」と少し似てるけど「なりたくないリスト」は書いてる

  10. 僕は真面目すぎて、人に優しすぎて自分には厳しく頼まれたことは最後までやり通すような性格なので、
    職場である教育現場では先生方児童のみんなにはよくありがとうや休憩とるよう声をかけてもらってます。笑💦
    この動画を観るとすごくいろいろ共感だったり今の自分の仕事のやり方とてらしあわせると、見えてくるものがたくさんあるなぁ💦と感じました!笑
    実践できるか分かりませんが、とても参考になりました👍

  11. 元Googleのっていうと元Googleのカリスマ経営者を一人思い出して、笑ってしまいますね

  12. 「元google様が言っている」というパワーワード。トレンドワードですなあ。

  13. 日本人はこれをやると
    結局、やりたくないことの押し付け合いになりそうですよね

  14. 前から雑談多くてやたら話が進まなかった人からまた会って話そうと言われたので、メールでお願いしました。
    それ以来そういえば音沙汰ありません。
    心底正しい判断だったと思います。
    自分が思う以上にストレスにもなっていたようです。

  15. 中田さんもLDHのヒロさんのようにパフォーマーからプロデューサーに回ったら10倍稼げるのでは。
    中田敦彦の個性的なアバター10体にエクストリームな動画を作らせれば、Eテレを超えた完全な教育プロダクションになるんじゃないですか。

  16. ぶっちゃけ日本って労働以外は天国だよね!
    労働環境はゴミだけど。
    けどその労働環境のおかげで労働以外の環境が良いってのもあるけど

  17. ・すぐ人に任せる
    ・一人でやらない、めっちゃ愚痴る
    ・怒られても、「ですよねぇ」ってなる
    ・一見利他的な行動は超打算的

    なんか自分を見返すとクズを自覚すると共に生きるの楽そうだなぁって思う

  18. 世の中にはすでにそんなこと承知な人も居て
    ほかの人の平均に添い、いま以上傷つくと4ぬ人も居たんです。
    もういないから過去形なんですね

    怠惰とか関係なく財産が資産とも関係なくあらゆる面でマイナスから始まった人もいるんです。
    全般的にたのしいし、考え方も支持しますよ。

    この番組は好めないだけ、それだけ、「がんばってもよい」し
    「出来ない」じゃなく「出来る」からやる。あわれむ必要はない

  19. 教育現場に取り入れてほしいです。怒られない生き方をしてきた方が多いであろう先生方ではこのような働き方の改革は難しいかもしれないですね。

  20. 仕事でよく怒られてますが、その時はこの話を意識します!

  21. 要は無駄を無くせって事? 協調性を持たずに結果を出すって結局は1人でやる事になりそう

  22. 超田舎に住んでいると 働かずに家にいると、近所の人に白い目でみられるから 無理っすね😥 駐車場に車があるかないだけで 噂になる

  23. 自分にない考え方だったので、非常に刺激を受けました。ただ、一方で自分はこの働き方に変えられて生産性が高まったとしても、周りの人の生産性はどうなるのだろうか?ということが引っかかりました。。

    例えば、アジェンダのない会議には自分は出ない。部下や手伝ってくれる人を派遣する。そうなると派遣された人の生産性やその人のやり甲斐はどうなるのかー

    こう考えてしまうこと自体が、前時代的な考え方の中にいるということなのかもしれませんが、みなさんはこのことについて、どのように考えますでしょうか?

  24. 俺は60点の回答を心掛けるで良いと思ってる。 ここでいう60点の回答とは必要なことを箇条書きにして書き出したすべてのことをチェックし全部達成する。これら全部できている状態を60点と自分なりに採点する。
    つまりそれ以上のことはしなくてよいと自分に言い聞かせる。
    そうしないで理想だ時間がまだ余ってるからとか考えたら自分が休まるときが無いため神経すり減らしてしまう。
    身体のためには60点で良いと考えることが大事だと思っている

  25. 部でタスク共有会、その後に課でタスク共有会
    午前中なーにもできないで午後は残業

  26. よく聞く話ではあるけど、改めて聞くとできてないと思った…

    ありがとうございますm(_ _)m

  27. Googleと日本だと比較対象がずれている気がするけど。だったら、ソニーとかと比べないと意味がないのでは?

  28. お金の錬金術なだけ。

    10倍の話は孫正義が当てはまりそうだが、事業は拡大できても、幸せに見えない
    Googleの重役には当てはまっても、個人の社会環境によって論理は全く変わるので危険。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button