効率を追及する道具としてのサプリメント

今回は、効率を追及する道具としてのサプリメントについてお話します。

栄養療法とかサプリメントでよくある話なのが、

・ 現代は食生活が変化して必要な栄養素をとれなくなっている。
・ つきあいで、飲みすぎることも多いし、不摂生している。
・ 現代では農薬の使いすぎで、畑がやせて野菜に含まれるビタミンの量が減っている

だから、サプリメントで必要な栄養素を補いましょうというものです。

そういう、不摂生を補ってくれる商品としてのサプリメントも否定はしません。
しかし、がんばって食事をきちんと取ればいいのではないでしょうか。

サプリメントの本質は効率化です。
栄養素が濃縮して入っているので、食事では取りきれない量の栄養を摂れるということです。

豚肉にはビタミンBが多く含まれているといわれています。
例えば、ブタヒレ肉100gには1.34mgのビタミンB1が含まれています。

確かに、これは1日の厚労省の推奨量1mgよりは多いです。
しかし、栄養療法で神経の再生のために使うビタミンB1は1日150mgです。

これは、ブタ肉11.2kgに相当します。
これを1日で食べるのはいかに大食いのヒトでも無理ですよね。

同様に、風邪の予防に必要な3000mgのビタミンCはレモン60個分です。

血液をさらさらに保つために必要な2000mgのEPAはさば125g分です。
(これは毎日食べようとすれば食べられるかもしれません)

ここで、前回の話とつながるのですが、栄養素は単に欠乏症を補うだけでなく、量を多くとることによって様々な医学効果が期待できます。

だから、その量を多くとるためには栄養素を濃縮したサプリメントという形で摂ることが不可欠になってくるわけです。

「 サプリメントがあるおかげで、栄養素を大量に取ることができ、
栄養素を大量に取ることで、医学的な効果を期待できる。   」

これが分子栄養学の第1歩です。

ところで、「第6次改定日本人の栄養所要量について」をみるとわかりますが、多くの栄養素に関して、厚労省は上限を設けています。

サプリメントの副作用を懸念しての事です。

サプリメントは高容量を摂ると、副作用が生じる可能性があります。(もちろん、薬よりも圧倒的に少ないですが)

ビタミンCを高用量とれば、胃への刺激が出る場合もあるし、下痢をする事もあります。

高用量のサプリメントをモニターをしながら診て行くのですから、これは医療のプロフェッショナルの仕事です。
サプリを効かせる方法論 その2

・モニターをしながら、医学的効果が得られる量のサプリメントを使用する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする