根本原因をみつける

根本原因を見つけることの重要性

投稿日:

脳は様々な身体状況の影響を受けやすい臓器です

・甲状腺機能低下

・腸内環境異常

・副腎疲労

・慢性疲労症候群

これらの病態はすべてうつ症状を引き起こします。

現在の精神科治療の一番の問題点は、

「症状を引き起こしている原因には目もくれずに、症状によって診断を下し、対症療法に甘んじている」ことです。

確かに、時には症状がシビアなときには薬も必要です。

ホッファー先生も、「薬なしでは治療はできない」とおっしゃっていました。

しかし、殆どの病院では原因にアプローチすることなく、対症療法のみが行われています。

これでは本当に治療をしているとはいえないでしょう。

脳は様々な影響の出口としてわかりやすい症状を呈します。

だから、本当の原因が別にある多くの患者さんが、精神科行きになってしまっています。

これは本当に危険なことです。

今出ている精神症状の原因はなんなのか?

栄養不足から来ているのか

それとも感染が原因なのか?

それとも邪魔をしている要素があるのか?

根本原因をみつけなくては、治療はできません。

原因がわからない人間に治療ができるわけがないです。

原因にアプローチしないということは、単に何の解決にもならないだけではありません。

症状だけが隠されたら、原因をもっとほっておかれる。

未治療の根本原因はどんどん悪化していきます。

-根本原因をみつける

Copyright© 分子栄養学実践講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.