血液検査から栄養不足を見る方法

栄養療法では様々な検査を行い、足りていない栄養を見つけていきます。

その中には遺伝子検査をはじめとして高価なものもありますが、多くの人たちが毎年受けている健康診断の血液検査結果からも意外と多くの情報を引き出す事が出来ます。

一般的な見方と栄養学的な見方の違い

健康診断の血液検査で、GOTとGPTは、肝臓病(肝炎、脂肪肝など)の有無を調べるときに行なわれる検査項目です。(検査会社によってはAST、ALTという名称です)

この両者は、主に肝臓の細胞内にある酵素です。肝炎では肝臓の細胞が破壊され、これらの酵素が血中に漏れ出し血中濃度が上昇します。
一般的な健康診断では肝炎や脂肪肝をみつけるのが目的ですから、GOTとGPTが基準値を超えて上昇していないかをチェックします。

それに対して、栄養療法での血液検査は栄養不足を見る指標です。

GOTとGPTは共に体内での酵素活性をみる数値でもあり、活性が落ちていると数値は下がります。

つまり、一般の健康診断ではGOTとGPTの上昇をみるのに対して、栄養の過不足を見るにはGOTとGPTの低下がないかをみます。

GOT,GPTの役割

GOT,GPTはアミノ基転移酵素といって、体内のアミノ酸同士でアミノ基を融通しあう手助けをしています。

例えば、アラニンはアミノ基をαケトグルタル酸に渡すことでピルビン酸となり、TCAサイクルという回路でエネルギーとして使えるようになります。反対にアミノ基を受け取ったαケトグルタル酸はグルタミン酸となり、脳にたまったアンモニアを腎臓から排泄させるのに役立ちます。

つまり、GOTとGPTが低い人はエネルギー不足になりやすく、アンモニアの処理ができにくくなります。

GOT,GPTが働くためにはビタミンB6が必要

酵素には二種類あり、単独で働ける酵素(例えばアミラーゼなどの消化酵素)と、補酵素の助けを借りないと働けない酵素があります。

GOT,GPTは後者であり、補酵素の助けを必要とします。

ビタミン、ミネラルは様々な酵素の補酵素として働きますが、GOT,GPTの補酵素はビタミンB6です。

ビタミンB6が不足しているとGOTとGPTはうまく働けなくなり、両者の数値は下がります。

GOTとGPTは半減期が異なるため、B6不足が深刻になるほどGOTとGPTの数値は離れていきます。(実際には肝炎、脂肪肝などの影響もあり一概には言えません)

ビタミンB6の様々な働きと欠乏症状

ビタミンB6の働きはこれだけではありません。

・女性ホルモンのエストロゲンを体内にたまり過ぎないように分解する

・幸せ物質セロトニンや不安をなくす物質GABAを作り出す

のもビタミンB6です。

だから、GOTとGPTの数値が低い人は、疲れやすく、うつ症状が強く、PMSを起こしやすい人である可能性があります。

ビタミンBを適切な量摂っていくと両者の数字は上昇していくため、治療の指標として使うこともできます。

・個別化の栄養療法を実際に行いたい
・根本原因の見つけ方を具体的に知りたい
・具体的なサプリメントの処方量、優先順位を知りたい
という方のための、プロフェッショナル向け講座、第10期(2018年3月スタート)募集開始しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする