ライフスタイル

“食べて・遊んで・仕事して”の複合施設「EAT PLAY WORKS」広尾に開業、レストラン・ラウンジ・オフィスが集結|食品産業新聞社ニュースWEB

EAT PLAY WORKS2階 フレンチ「Bistro Nemot(ビストロ ネモ)」

EAT PLAY WORKS2階 フレンチ「Bistro Nemot(ビストロ ネモ)」

〈レストランフロアは飲食店17店舗を横丁スタイルで展開〉
飲食事業などを展開するソルト・グループは7月20日、食とウェルネスとワークカルチャーが融合した新施設「EAT PLAY WORKS」(イートプレイワークス)を開業する。「食べて・遊んで・仕事して」をコンセプトに掲げ、1階~2階のレストランフロア、3階~4階の会員制「メンバーズラウンジ」、5階~6階のプライベートオフィスを展開。会員以外も参加できるオリジナルプログラムとして、講師を招いてヨガや瞑想の教室を開催するなど、新しい“ワークライフスタイル”の提案を目指す。

レストランフロア「THE RESTAURANT」(ザ・レストラン)は、国内外で注目を集める飲食店17店舗を横丁スタイルで展開。ミシュランを獲得した店の味がカジュアルに楽しめる新業態などが注目だ。

1階にある「OXOMOCO(オショモコ)」は、ニューヨーク・ブルックリン発のメキシコ料理店。オープンから5か月でミシュランを獲得した話題店で、日本初出店となる。看板メニューであるタコスのほか、メキシコ料理の伝統と素材を活かし、斬新に仕上げたメニューを提供する。今後、日本人にあわせたオリジナルメニューの開発を予定している。


EAT PLAY WORKS1階 メキシコ料理店「OXOMOCO(オショモコ)」

EAT PLAY WORKS1階 メキシコ料理店「OXOMOCO(オショモコ)」



 

2階にある「Bistro Nemot(ビストロ ネモ)」は、二つ星フレンチ「レフェルヴェソンス」(東京・西麻布)のスーシェフとして5年間務めた根本憲仁シェフが手掛けるフレンチビストロ。カウンター席でアラカルトやワインを提供する。これまで培った生産者とのつながりを大切にし、よりカジュアルなビストロ料理に挑戦する。根本シェフは「気軽に来れる本格Bistroとして、人が集まる場所にしたい」と語る。

 

そのほか、銀座の寿司屋「はっこく」のカジュアル新業態「寿志團」、モダン・ベトナミーズに日本酒をペアリングする「An Com(アンコム)」。福岡から東京初出店の豚そば「月や」、餃子スナック「スナックすいか」、大人のティーラウンジ「茶季」など幅広いジャンルの店舗が出店。

 

ソルト・グループ担当者は「高級店のセカンドブランドとして個性のある店舗などを集めた。コースを提供する店や、軽く食事とお酒が楽しめる店などを、はしごして楽しんで欲しい。まずは近隣に住んでいる食の意識が高い人に来てもらいたい」としている。

 

テイクアウトに関しては、ハンバーガー店「SHOGUN BURGER (ショーグンバーガー)」で実施するほか、他の店舗でも順次導入を予定している。

 

〈EAT PLAY WORKS(イートプレイワークス)施設概要〉

◆所在地


東京都渋谷区広尾 5-4-16

 

◆席数

1~2F「THE RESTAURANT」全298席

3~4F「メンバーズラウンジ/コワーキングスぺース(テラスは除く)」全136席

5~6F「プライベートオフィス」全65席

 

◆営業時間

1~2F「THE RESTAURANT」11時~23時(各店舗によって異なる)

3~6F「メンバーズラウンジフロア/プライベートオフィスフロア」24時間



EAT PLAY WORKS外観

EAT PLAY WORKS外観



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button