ライフスタイル

【休日朝活のススメ】ポルシェを愛する女性と箱根ターンパイク | VAGUE | ヴァーグ

休日の朝は早起きして、ドライブのために都心を抜け出す

 そこは日本の古典的な山道、通称「峠」。なめらかで時に大胆なコーナーの数々は緑ゆたかな木々に囲まれていて、登りきると昔から変わらない富士山の絶景が出迎えてくれる。

 日本人のヤマシタ・キョウコさんは10代の時に地球の反対側のロサンゼルスに引っ越すことになった時、父にふたつのお願いをした。歯列矯正と、クルマの運転免許だ。そこから彼女とクルマ、そしてクルマ文化との恋は始まって、大人になりマーケティングの専門家となっても影響し続けている。いまでも自他ともに認めるカーマニアなのだ。

 ロサンゼルスと東京を往復して育ったヤマシタさんは定期的に日本の首都へ戻ってきて、ここから彼女の夢のドライブが始まる。

「箱根ターンパイクまで約90分かけてドライブする前に、東京で早朝に友だちと会ってコーヒーを飲むのが好きです。これが私の一番お気に入りのドライブ旅行のスタートの仕方ですね。それほど頻繁にはドライブできないので、週末の計画を練るのが楽しいんです」

 箱根ターンパイク(正式名:アネスト岩田ターンパイク箱根)は、日本で最も有名な「峠」のひとつで、今日ではチューニングやドリフト文化の代名詞といえる山道だ。それと同時に、首都圏を脱出して自然に触れたいと思う人々に人気のある観光地でもある。このエリアは温泉が有名で、冠雪した壮大な富士山を眺めながら週末の休みをリラックスして過ごそうと、都会の人たちは箱根までドライブに出かけるのだ。

●日本のミニ・ニュルブルクリンク

ヤマシタさんにとってドライブは、刺激を与えてくれるだけでなく、リラックスさせてくれることが本質的な要素だという

 ヤマシタさんは箱根ターンパイクの魅力をこう語る。

「道そのものは短くて、約14kmほどなのですが、民間の有料道路なのでそれほど混まないです。週末になるとクルマやバイクの愛好家が集まってくるけれど、それでもひどく混雑することはないですよ。双方向の道だけど、多くの人が日本のミニ・ニュルブルクリンクと呼んでいますよ」

 東京の南西およそ100kmに位置する箱根ターンパイクは整備が行き届いていて、標高差1000m以上の山道には定期的に休憩所が配置され、山頂の展望台ではカフェテリアで軽食やコーヒーをとってから旅を続けることができる。大自然に囲まれて富士山を眺めることができる景勝地なのだ。それだけでなく、日本の自動車・バイクメディアのロケ地でもあり、新製品を導入する前のメーカーやサプライヤーもここでテストをおこなう、まさに聖地といえる。

Gallery:【画像】走り屋の聖地ターンパイクをポルシェで駆ける!(10枚)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button