副腎疲労と腸内環境の関係

東京オリンピックも決まって、街は心なしか景気がいいようです。

私の家のマンションからは東京のお台場のオリンピック会場が見えますが、そこにはテニスの会場ができるようです。

テニスの熱狂的ファンが、会場を見下ろすことができるマンションを競って買い求めているという話を聞きました。

オリンピックなどの競技は、サプリメントがその性能を一番存分に働かせることができる機会だといえます。

なぜなら、そのような競技者はたいていの場合、パフォーマンスを得るために、エネルギー需要が非常に大きいからです。

それは、一般人とは比べ物になりません。

例えて言うなら、プリウスとランボルギーニ・アヴェンタドール位違います。

注 プリウス
http://toyota.jp/prius/

注 ランボルギーニ・アヴェンタドール
http://www.lamborghini.com/en/models/aventador-lp-700-4/overview/

しかも、そのような人たちは、えてして消化吸収機能も併せ持っているので、エネルギーの燃焼効率もよいと思われます。

さて、そんな好景気とはうらはらに、9月は私が扱っている「副腎疲労症候群」という病気の問い合わせが非常に増える時期です。

やはり、いろいろな事の転換期で、ストレスが一気に増えるんでしょうか。

私も毎日来るメールでの問い合わせと、毎週あるセミナーの準備で、自分が副腎疲労にならないように、今日もビタミンC点滴をしながら仕事しています。

問い合わせで最近多いのが、検査に関する話なので、今日は、副腎疲労と腸内環境の関係の話をさせてください。

副腎疲労検査の黄金パターン

私は多くの患者さんに根本原因を調べるための検査を行っています。

私の所の外来を受診する患者さんの多くが、数々のクリニックをめぐり、いろいろな治療を試されても改善がみられなかったり、治療効果が頭打ちになっていたりするからです。

私のクリニックでは100種類以上の検査を取り扱っていますが、その中でも私が行っている黄金パターンがありますので、ご紹介します。

それは、副腎疲労の検査 + 食物アレルギー検査 + 腸環境検査 + 重金属蓄積検査 です。

(これらの検査にも様々な種類があります)

これらの検査を全て行うと10万円以上の費用がかかります。

当然、患者さんも躊躇します。

しかし、これまでに何年もの時間を費やし、数十万以上ののお金を費やしてきた人も多いので、ご納得頂き、検査を受けていただくことが多いです。

(もちろん予算的に厳しいので、とか、私は腸は悪くないので腸環境検査は受ける必要がない という方もいらっしゃいます。その場合は、問診、診察所見から腸の状態を推測しながら治療を進めていくことになります。)

なぜ、これだけの検査を同時にしなくてはならないのか?

最初は皆さんそう思われるようです。

その理由は、これらの事がお互いに強く関連するからなんです。

私は副腎疲労症候群の患者様を多く見る機会があります。

「 副腎疲労症候群の診断を受け、適切なサプリメントを摂取してきました。

副腎疲労の本を読み、食事、生活習慣をその通りに行ってきました。
しかし、それにもかかわらず、このだるさが取れないんです。

むしろ、最近は悪化しています。
昼間、30分でも時間があれば、布団にもぐりこみたくなります。   」

こんな感じの人がとても多いです。

副腎疲労の患者さんで、ストレスから解放され、サプリメントケアを含めた食生活改善を適切にされているのにもかかわらず、回復がいまひとつの人の8割に腸内環境の悪化が見られます。

腸内環境が悪い場合、腸漏れを起こしていることも多く、多くのたんぱく質が体内に入り込んで、通常の検査では見えない、腸の炎症を引き起こしています。

炎症があるのですから、副腎からは炎症を食い止めるためのコルチゾールが随時分泌されます。

腸の炎症は24時間続くストレスを副腎に課すのです。

また、炎症によって産生される生理活性物質TNFαは副腎皮質ホルモンコルチゾールの受容体に親和性が高いことが知られています。
これが、ホルモンの受容体を覆ってしまうため、コルチゾールがさらに効きにくくなります。

さらに、ストレスがかかると腸管の悪玉細菌が増殖する事も知られています。

このように、腸と副腎は非常に相関関係が強いため、一方だけを治療してもうまくいかないことが多いのです。

同じように、腸内環境と重金属、食物アレルギーと重金属も密接に関係しています。

これらの、「複雑に絡み合った根本原因の糸を解きほぐしていくこと」が根本原因治療に必要だと考えています。

そういうわけで、「実践講座」では、講座受講者の方に、これらの黄金パターンの検査項目を実際に受けていただき、多くの方とディスカッションしながら、糸を解きほぐしていく、ということをやって頂きます。

「 今までの治療に限界を感じている治療家の方 」

「 リウマチ、多発性硬化症、うつ、神経疾患など、難治性の慢性疾患の原因を知りたい医師の方 」

「 口腔と全身の関係を把握したい歯科医師の方 」

「 医科歯科連携診療にご興味のある医師、歯科医師の方 」

「 根本原因をみつけ、そこにアプローチするという真の分子栄養学を学びたい方 」

特に、全ての日程に出席できないからとお悩みの方もいるようですが、多くの人は4回中2,3回のご出席です。

海外在住などで1回も出席できない方も多くいらっしゃいます。

テキスト配信と、勉強会ごとのまとめ、週1回のフォローアップメール、質問に対する随時メール受付などで対応し、多くの方が、一緒の空気を吸えるように努力しています。

まだ、参加がお済みでない方、是非ご参加いただき、「知識、知恵の集合体にアクセスできる」という体験をしてくださいね!

分子栄養学は、サプリメントなどの栄養素で医療効果を得るための方法論です。 今や、日本国内でもサプリメントを扱う医療機関は、個人クリニックを中心にして優に1000は超えており、多くの医師・歯科医師が分子栄養学の理論を取り入れたサプリメント処方を行っています。 「サプリメント」は、形状は「薬」に似ていますが中身は全く異...

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

サプリを効かせる方法論 その20

・全てをつなげて考える

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする