国際ニュース

「Stray Kids」、初のオンラインコンサート大成功…コロナによるツアーキャンセル乗り越え世界中のファン集結│韓国音楽K-POP│wowKora(ワウコリア)

「Stray Kids」、初のオンラインコンサート大成功…コロナによるツアーキャンセル乗り越え世界中のファン集結

「Stray Kids」、初のオンラインコンサート大成功…コロナによるツアーキャンセル乗り越え世界中のファン集結

「Stray Kids」が新型コロナの余波でワールドツアーがキャンセルになった後、さらに成長した姿で、全世界のファンに会った。(画像提供:OSEN)


「Stray Kids」が新型コロナの余波でワールドツアーがキャンセルになった後、さらに成長した姿で、全世界のファンに会った。初のオンラインコンサートでファンたちに会って楽しい時間を過ごした。

22日午後、ネイバーVライブを介してグループ「Stray Kids」の初のオンラインコンサート「Beyond LIVE – Stray Kids ’Unlock: GO LIVE IN LIFE’」が進行された。

今回の舞台は、昨年11月に火ぶたを切ったワールドツアー「Stray Kids World Tour ’District 9 : Unlock’」のオンライン版アップグレードバージョンだ。先に新型コロナの影響で、延期、キャンセルになっていた。

初のオンラインコンサートでは、「麻辣味ジャンル」音楽の代表曲「神メニュー」、「Back Door」をはじめ、これまで一度も公開しなかった舞台を初めて披露するなど、多彩な構成を準備した。オンタクト時代にふさわしい様々な画像接続システムを利用し、ファンがリアルタイムで応援できる場を設けた。

「Stray Kids」は登場するやいなや「District 9」を皮切りに「勝戦歌」、「Question」、「Side Effect」までの4曲を連続でライブで消化しながら派手なパフォーマンスを披露した。

メンバーたちは「この嬉しい瞬間をSTAY(ファン)と一緒にしている。久しぶりにSTAYに会えて、幸せだ。全世界のSTAYの方が一緒にしてくれているのだから、挨拶もグローバルにしてみよう」とタイ語、ドイツ語、スペイン語、インドネシア語、日本語、中国語、ロシア語などで挨拶をした。

続いて、「オープニング舞台が始まる瞬間、『コンサートの舞台は他の何とも比較できないほど違う』と思った。本当に熱心に準備したからSTAYに生きているという感じを与えたい」と述べた。

今年初め新型コロナの余波により惜しくもワールドツアーが中止され、ハンは「コンサート禁断症状が来て部屋の中で、『District 9』を踊った。心からとてもしたかった。そのためなのか、オープニングから本当にすごく楽しく、僕たちのすべてを見せたと思う」と述べた。他のメンバーたちも「こんなに震えるのは久しぶりだった。胸がバクバクした」とした。

ヒョンジンは、「舞台が始まる時に、世界中のSTAYがとんでもなく叫び声を上げてくれた。もう一回叫んでほしい」と要請し、LANケーブルで視聴しているファンは、大きく歓呼した。これ「Stray Kids」は、「STAYの叫び声はすべて聞こえてきている。本当にコンサート現場に来た感じだ」とした。

ヒョンジンは「ビヨンドライブを準備しながら、初心に帰った」とし、「初のコンサートを準備したという感じに戻って素敵な舞台を準備した」と、残りのステージを期待させた。

簡単なトークが終わった後、「Double Knot」、「M.I.A.」、 「WOW」、「Mixtape#4」、「青写真」、「神メニュー」、「ALL IN」、「Ex」、「I am YOU」、「We Go」、「Easy」、「My Pace」などのエネルギーあふれる舞台と甘い舞台が続いた。

特に今年11月に発表した日本1stミニアルバムタイトル曲「ALL IN」韓国版の発売のニュースと同時に曲を初公開した。派手なカメラウォーキングと画面の切り替え手法などを活用した躍動感あふれる舞台で視線を圧倒した。この曲は、26日、正午国内音源サイトでも見ることができる。また、「神メニュー」の舞台には、新たに追加されたパフォーマンスを見せて快感を伝えた。

メンバーたちは、「久しぶりに心臓が破裂しそうなエネルギーを受けた。『Stray Kids』の機運を受けとっていただけたか?」とし、「おそらくこれがライブステージ、MVのか混乱されるだろう」とした。ハンは、「舞台が派手すぎて視聴中に驚いて携帯電話を落とすのではないか」と冗談を投げた。

スンミンは「他の曲もそうだが『神メニュー』と『ALLIN』は、僕たちにも特別だ。『神メニュー』は本当にたくさん愛してくださってMVで初めて1億ビューを突破した。より多くの大衆に『Stray Kids』を知らせた」とした。

バンチャンは、「確かに1億という数字が特別なようだ」とし「『神メニュー』と『MIROH』も1億ビューを突破した、ミュージックビデオ一つが1億ではなく、2本が1億を突破し、それがより特
別だ」とファンに感謝の気持ちを表わした。

현진은 “’올인’은 일본에서 미니 앨범 타이틀이었다. 이 곡으로 ’엠스테’라는 일본 유명 방송에도 나갔다. 굉장히 영광이었다. 스테이를 위해서 오늘 한국 버전으로 무대를 준비했는데, 국내 발매일이 26일로 정해졌다. 많은 사랑 부탁드린다”고 했다.

ヒョンジンは、「『ALLIN』は、日本ミニアルバムのタイトルだった。この曲で『Mステ』という日本の有名番組にも出た。とても光栄だった。STAYのために、今日韓国版で舞台を準備したが、韓国での発売日が26日決まった。多くの愛をお願いする」とした。

「WOW」(リノ・ヒョンジン・Felix)、「We Go」(バンチャン・チャンビン・ハン)などのユニット舞台にスンミンは、「今日のユニット舞台もたくさん気を使った」とし、ヒョンジンは「アップグレードしたかった」と語った。ハンは、「ボーカルラチ​​ャは前回よりもはるかに良くなった」と賞賛を惜しまなかった。

チャンビンは「今回のコンサートの前に、ときめいたりもしたが、心境は良くなかった。一生懸命汗を流しながら準備しても、STAYに会場で会えないから良い心境ではなかった」とし、「遠くから見て臨場感を感じることができるか心配して、悩みながらわざとライブ感を出した。アドリブもして、通常よりもさらに努力した。その心が伝わっていたらと思う。たくさん見てくれてありがたく、僕達だけの舞台に立てて嬉しい」と感想を明らかにした。

スンミンは、「本当に皆さんの顔を見れないまま長い時間が流れた。皆さんの前に立って公演し、疎通したい。それでも最善の方法でコミュニケーションできることに感謝する。直接、お会いできない時は、常にSTAYを考えながら、個人の技量を上げている」とし、「とても会いたくて、会いたいという言葉しか出てこない。メンバー全員が熱心に磨き​​上げた姿を、残りの時間、お見せできたら嬉しい」とした。

ヒョンジンは、「すでに『泣かないで』という声を聞いたが、今日は泣かない」とし、「直接会えなくても、皆さんの顔を一人一人を画面で見ることができて良い。このようにビヨンドシステムの中でできることだけでも光栄だ。これは事実上、初めてのコンサート舞台だ。以前に初のコンサートを練習した時の気分がして、初心に帰った。皆さんが今日の公演を見て満足して楽しんで行ってもらえたら幸せだ。僕たち今後も長く会いましょう。愛している」とし、手ハートを飛ばした。

メンバーたちの心が伝わったグローバルファンたちはLANケーブルを介してイベント応援を繰り広げ「Stray Kids」を感動させた。

この日の、「Stray Kids」は「Hellevator」、「MIROH」、「TA」まで総22曲を熱唱し、全世界のファンたちを熱狂させた。

第4世代の代表アイドル「Stray Kids」は、2018年1月に発表したプレデビューアルバム「Mixtape」を皮切りに、約3年間休む暇なく活動した。 2019年11月23〜24日、ソウルオリンピック公園オリンピックホールでワールドツアー「Stray Kids World Tour ’District 9 : Unlock’」の開始を知らせ、今年1月29日(以下に現地時間)ニューヨーク、1月31日アトランタ、 2月2日ダラス、5日シカゴ、7日マイアミ、9日フェニックス、13日サンノゼ、16日ロサンゼルスなどアメリカの8つの都市のツアーを成功的に終えた。


2020/11/23 07:01配信 
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button