国際ニュース

世界のウェブサイトで大規模な通信障害、ファストリ―がサービス復旧 – Bloomberg

ニューヨーク・タイムズやブルームバーグ・ニュース、レディット、英政府などのウェブサイトが一時利用できなくなった。コンテンツ配信ネットワーク、ファストリーのサービスに障害が発生したことが原因だった。

  インターネット上でデータを素早く送信するネットワークを運営するファストリーはロンドン時間8日正午少し前に、大規模なサービス停止を引き起こした問題を修復したと発表した。問題発生を明らかにしてからほぼ1時間後だった。ダウンしていたウェブサイトは復旧しているもようだ。

  人気の高いウェブサイトの多くが、コンテンツ配信で大手テクノロジー数社に依存していることが浮き彫りになった。数百万人のユーザーにコンテンツを同時配信するために大企業が利用する高性能ウェブサイトとアプリケーションホストサービスは数えるほどしかなく、ファストリーはその一つだ。

  今回はインターネット上のサービス障害をモニターするウェブサイトのダウンディテクターが、アマゾン・ドット・コムやスポティファイ、ツイッチ(Twitch)、ショッピファイ、エッツィなどのサイトでユーザーからの問題報告が急増していると指摘した。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button