重金属

歯科アマルガムとは

更新日:

歯科医師ハルハギンスは、アマルガムが全身に及ぼす影響に関する第一人者です。

彼が初めて見たのは、歯にアマルガムを詰めてから、胸痛、過呼吸、ニキビが出た17歳の少女でした。

心臓専門医などからすべて問題なしといわれ、最終的に精神科に入院させられそうになったのです。

彼女の母親の要請でアマルガムを除去した後、彼女は劇的に良くなりました。

今では博士のもとに1か月5000件ものアマルガムの相談の電話がかかってきます。

アマルガムとは

金に変わる材料として150年前に開発された歯の詰め物の材料で、水銀を高度に含んでいる。

アマルガムは、一般的には、安定して合金であると考えられており、現在でも通常に使用されている。

しかし、様々な研究から、アマルガム中の水銀が絶えず蒸発して体内に吸収されていることがわかってきている。

アマルガムは簡単な刺激で蒸発する

 

アマルガムの水銀は温度変化(例えばコーヒーを飲む)や簡単な刺激(例えば、ガムをかむ)によって容易に蒸発をおこす。

体温と同程度の加温や消しゴムでこすっただけでも、このように水銀が蒸気化する。

アマルガムの歴史

1820年代にアマルガムがフランスで用いられたのが初めといわれています。

アマルガムは1840年にアメリカ歯科医師会から危険性を指摘され、いったんは使用禁止になりました。

しかし、現在、アメリカ歯科医師会は逆にアマルガムの使用を指示し続けています。

歯科医は特に危険です

1998年、34名歯科医が対象の調査では、不眠症、食欲不振、イライラ、興味減退などの訴えが多くみられた。

1992年、98名の歯科医師に対する調査では、健常者と比較して、運動速度、視覚運動強調、集中力などが損なわれていた。

1982年 歯科医師による水銀吸収により神経生理学的傷害の危険性が示唆された。

体内動態

歯に入った詰め物のうち最大80%が10年以内に腐食し、体内に吸収されます。

口腔内にはガルバニー電流とよばれる電流が流れており、唾液が電解質液として作用する。

また、酸性食品なども影響すると言われています

ガルバニー電流について

カエルの足の筋肉に電気を通じると筋肉が活動することを発見した解剖学者ルイージ・ガルヴァニの名前を取ったのガルバニ電池です。

ガルバニ電池は2種類の金属が電解質溶液の中にあり、電気の流れをつくっています。

 

同様の事が口内でおきています。

口腔内の金属と唾液が、ガルバニ電池の様な環境を作り出すためです。

これを口内ガルバニ電流と呼びます。

口内で起きる電流は大きなストレス源になりますが、それだけにとどまりません。

ガルバニ電池の電解質液に金属が析出してくるのと同様に、口内のアマルガムからは水銀が析出してくるのです。

有機水銀と無機水銀

無機水銀にメチル基がついたものをメチル水銀といいます。
水俣病で有名なメチル水銀は無機水銀の100倍の毒性があります。

有毒なのはメチル水銀をはじめとして有機水銀です。なぜなら、メチル水銀は、脂溶性であり、細胞膜を通過し、細胞内に蓄積しやすい。

しかし、アマルガムが無機から有機に変わる可能性についてはあまり触れられていません。

歯科のアマルガムに使用されているのは無機水銀だから安全だという主張がありますが、本当にそうでしょうか。

 

スウェーデン、ルンド大学のハインツ博士によると、

「多くの人の口腔内に存在するストレプトコッカス・ミュータンス菌が水銀をメチル化する」

と報告しています。

また、口腔内電流が多いほど、メチル化は加速するという報告もあります。

高銅型アマルガム

高銅型アマルガムは安定しているといわれます。
しかし、銅が多いということは電流を良く通すということでもあります

ハル・ハギンス博士は、水銀の放電量は混合される金属の割合によって影響を受けるといっています。

また、ある研究によると、銅が多いアマルガムは旧来の(3-6%)アマルガムに比べて水銀を50倍早く放出するそうです。

中毒の治療

アマルガムを除去し、場合によってはキレーション(解毒治療)を行います。
ただし、アマルガム除去にはかなり危険が伴う事があります。

除去時にアマルガムが流出し、体内に大量に入る可能性があるからです。

免疫にも影響する

ハルハギンス博士によると、3500人以上に対して二重盲検試験を行った結果、多くの歯科材料に対して免疫反応が見られたとのこと。

しかもその確率は極めて高いものです。

銅 95.29% 亜鉛94.04% 水銀90.02% 銀66.86% すず 62.51%

歯科材料は人間の免疫にかなり影響していると考えなくてはなりません。

-重金属

Copyright© 分子栄養学実践講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.