ゲームニュース

『サイバーパンク2077』CD PROJEKT共同設立者によるお詫びコメント映像が公開。今後の取り組みについてのロードマップも明らかに – ファミ通.com

 2021年1月14日、CD PROJEKT REDは現在発売中の『サイバーパンク2077』について、CD PROJEKT共同創設者のマーチン・イウィンスキ氏によるコメント映像を公開。あわせて、今後の開発ロードマップなどを載せた“クオリティに関する取り組み”を公式サイトにて公開した。

 

 コメント映像では、好評だったPC版に反して、品質の問題から返金対応などを行うこととなった旧世代コンソール版についてのスタジオの見解を説明。「我々が望んでいた品質基準を満たすものではなかった」と公に認め、「私個人、そして役員の全員が本件について深く反省しています」とお詫びを行った。また、発売に至るまでの開発の様子にも触れており、“まずはPC上で素晴らしいと思えるゲームを作り上げてから、家庭用ゲームに落とし込もうという方針”がコンソール版の開発を厳しいものにしていたこと、ハードウェア間の差を過小評価してしまい、データ読み込みの調整の難解さに頭を悩ませていたことなど、開発中に起こっていた問題を明かしている。

 続いて、同時公開となったロードマップと今後の取り組みについての詳細を発表。最終的な目標を“プレイヤーが直面している不具合やクラッシュを全プラットフォームで修正する”こととし、定期的に小規模・大規模パッチを配信していくようだ。また、最初のアップデートは10日以内に配信され、その数週間後にうちに、さらに大規模なアップデートを配信予定。その後もアップデートや改善にも引き続き取り組み、長期的にサポートし続けると話している。

 無料DLCについては、発売直後に配信予定としていたが、まずは致命的な不具合の修正とアップデートに焦点を当て、その後のリリースを予定。詳細については準備が整い次第、発表するとのこと。プレイステーション5、Xbox Series X|S向けの無料アップデートは、2021年下半期の配信を目指して現在準備を行っているようだ。

『サイバーパンク2077』クオリティに関する取り組み

『サイバーパンク2077』CD PROJEKT共同設立者によるお詫びコメント映像が公開。今後の取り組みについてのロードマップも明らかに


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button