ゲームニュース

Apple Silicon搭載Macでどの程度ゲームがプレイできるのかをまとめた「Apple Silicon Games」 – GIGAZINE



AppleはMac向けに独自開発のSoC・Apple Siliconを導入するとし、その第1弾として「M1」チップを発表、さらにM1チップを搭載したMacBook AirMacBook ProMac miniを発売しています。M1チップ搭載Macは海外メディアから「コンピューティング革命」や「信じられない偉業」などの高評価を受けているわけですが、「ゲームにも使用したい」というユーザーは一定数いるはず。そこで、M1チップ搭載Macがゲームプレイにどの程度使えるのかをまとめたサイト「Apple Silicon Games」が登場しました。

Apple Silicon Games
https://applesilicongames.com/


Apple Silicon Gamesでは列にゲームタイトルが、行には左から順に「Title(タイトル)」「Playable(プレイ可能か否か)」「Distribution(ディストリビューション)」「Environment(環境)」「API」「Resolution(解像度)」「External Monitor?(拡張モニター)」「FPS(フレームレート)」「Settings(設定)」「Specs(検証に使用されたMacのスペック)」「Notes(メモ)」「Source(情報源)」が並んでいます。「情報源」の欄には対象のゲームタイトルをM1チップ搭載Macでプレイした情報源が記されており、主にYouTubeやTwitter、RedditなどのURLが貼られています。


例えばAppleと法廷闘争中のEpic Gamesの人気タイトルである「フォートナイト」の場合、Epic Games Launcherでプレイする場合と、クラウドゲームサービスのGeForce NOWでプレイする場合がリストアップされています。リスト上に同じゲームタイトルが並んでいる理由は、端末の構成やプレイ時の解像度などが異なるため。なお、リストアップされているのは「8GBメモリ搭載のM1 Mac miniの場合、5K解像度でフレームレートは37~44fps」という報告や、「8GBメモリ搭載のM1 MacBook Airの場合、2560×1440解像度でフレームレートは80~120fps」という報告などです。


中には「プレイ不可だった」という報告も挙がっています。ライアットゲームズのタクティカルシューター「VALORANT」はプレイ不可。


Windows向けソフトウェアをMacで動作させるCrossOverRosetta 2を使ってゲームをプレイするケースが多い中、macOSでネイティブに動作する「World of Warcraft」のようなタイトルに関する報告も。


「M1チップ搭載Macが欲しいけどお気に入りのゲームがプレイできるか不安……」という人は購入前にApple Silicon Gamesをチェックしてみてもよさげです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがMacでも独自開発のプロセッサに移行する「Apple Silicon」を発表、iPhone&iPadのアプリがMacでも利用可能に – GIGAZINE

初のApple Siliconとなる「M1」チップが登場、5nmプロセスで製造された世界最速のCPU搭載 – GIGAZINE

Apple Siliconを搭載した初のMac「MacBook Air」が登場、M1チップでグラフィックス性能が最大5倍向上 – GIGAZINE

「Mac mini」がM1チップ搭載でグラフィックス性能が6倍向上、「Mac miniでできるとは夢にも思わなかったことが可能に」 – GIGAZINE

M1チップ搭載の13インチ「MacBook Pro」が登場、CPU性能は最大2.8倍グラフィックス性能は最大5倍も向上 – GIGAZINE


クレジット
ソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button