ゲームニュース

iPhoneがNVIDIAのクラウドゲーム「GeForce NOW」に対応、「フォートナイト」が復活へ – GIGAZINE



現地時間2020年11月19日、アメリカの半導体大手NVIDIAがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」のベータ版がiOS Safariに対応したと発表しました。

GeForce NOW Streaming Comes to iOS Safari | NVIDIA Blog
https://blogs.nvidia.com/blog/2020/11/19/geforce-now-on-ios-safari/

GeForce Now debuts on iOS via the web, with Fortnite coming | VentureBeat
https://venturebeat.com/2020/11/19/geforce-now-debuts-on-ios-via-the-web-with-fortnite-coming/

Nvidia is bringing Fortnite back to iOS with new cloud gaming web app – The Verge
https://www.theverge.com/2020/11/19/21573311/nvidia-geforce-now-ios-launch-beta-release-safari-mobile-web-app

NVIDIAの「GeForce NOW」は、クラウド上の高性能マシンで処理されるゲームをストリーミング形式で配信するため、マシンスペックが非力なPC・デバイスでも最新の3Dゲームをプレイできるというクラウドゲームサービス(月額税別1800円)。「GeForce NOW」はWindows、macOS、Android、Chrome OSでプレイ可能でしたが、月額料金の支払い方法がApple Storeの規約に抵触したため、iOSアプリは提供されない状態が続いていました。

NVIDIAはAppleにApp内課金を介さない支払い方法を実装したままiOSアプリ版を配信するのは難しいことを確認した際に、「Webアプリ版なら問題ない」と開発を勧められたとのこと。こうしてNVIDIAはWebRTCによる「GeForce NOW」の開発を進め、2020年11月19日にベータ版の公開に至りました。


「GeForce NOW」はAppleと開発元のEpic Gamesの係争によりiOS版の配信が停止された人気ゲーム「フォートナイト」をサポートしているため、iPhoneでフォートナイトを再びプレイ可能となったことが特記されています。

iOS Safari版「GeForce NOW」は、iPhoneまたはiPadからSafariを起動し、「https://play.geforcenow.com」にアクセスすることでプレイ可能になるとのこと。ただし、発表時点では北米・ヨーロッパでのみ利用可能とのことで、日本ではプレイ不可。これについて、NVIDIAは公式に日本国内でも提供を予定していると明言しています。


なお、これまでiOSアプリ版を配信してこなかったクラウドゲームサービス「Google Stadia」も今回NVIDIAが採用した「Webアプリ版でiOSのApp内課金を回避する方法」によってiOS Safari版を配信する予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button