ゲームニュース

小型PCでCPU/メモリの換装を実現する「Intel NUC Compute Element」(Impress Watch)

【この記事に関する別の画像を見る】

 またCPUが古くなったり、メモリが不足したさいには、Intel NUC Compute Elementだけを入れ替えることで、マシンをアップグレードできるという利点がある。

 今回、インテルより第11世代Core(Tiger Lake)の「Core i7-1185G7」を搭載した「Intel NUC 11 Compute Element CM11EBv716W」、対応シャーシ「Intel NUC Pro Chassis Element CMCM2FBAV」、SSD「CT500MX500SSD4」を組み合わせた完成済みのNUCを借用したので、実機レビューをお届けしよう。

■ Intel NUC 11 Compute Elementには6モデルがラインナップ

 今回の貸出機には、OSに「Windows 10 Pro 64bit バージョン20H2」、CPUにCore i7-1185G7(4コア8スレッド、4.80GHz)を採用。メモリは16GB (LPDDR4x-4266 SDRAM)、ストレージは500GB M.2 SATA SSD(CT500MX500SSD4)を搭載している。

 通信機能は、Wi-Fi 6、Bluetooth、Gigabit Ethernet×2をサポート。有線LANは片方がIntel i219-LM経由、もう片方がIntel i211-AT経由という仕様だ。

 今回のシャーシ「Intel NUC Pro Chassis Element CMCM2FBAV」はビデオ・オーディオキャプチャカードが組み込まれており、インターフェイスはUSB 3.1 Type-A Gen2×3、USB 2.0×3、HDMI出力×2、Gigabit Ethernet×2に加え、3.5mmオーディオ出力/入力、HDMIパススルー、HDMI入力と豊富に用意されている。

 本体サイズは約200×150×35mm(幅×奥行き×高さ)、重量は実測879g。本体以外の同梱品としては、ACアダプタ、電源ケーブル、説明書、VESAマウント、ネジ×6が用意されている。

 なお、Intel NUC 11 Compute Elementには下記の6モデルがラインナップされている。Compute Elementはメモリを増設できないだけに、32GB搭載モデルの登場にも期待したいところだ。

□Intel NUC 11 Compute Elementのラインナップ

・「CM11EBC4W」Celeron 6305/4GB
・「CM11EBi38W」Core i3-1115G4/8GB
・「CM11EBi58W」Core i5-1135G7/8GB
・「CM11EBv58W」Core i5-1145G7/8GB
・「CM11EBi716W」Core i7-1165G7/8GB
・「CM11EBv716W」Core i7-1185G7/16GB

■ システムボードにアンテナケーブルが直結されている点に注意

 この章では使い勝手についてチェックする。まずはメンテナンス性。今回のシャーシ「Intel NUC Pro Chassis Element CMCM2FBAV」は底面4本のネジをはずせば、パネルを開けられる。パネルを開けば、Intel NUC 11 Compute ElementとM.2スロットが2基あらわれる。

 今回はこれ以上分解しなかったが、少なくともストレージの増設、換装は容易といえる。また、Intel NUC 11 Compute Elementも、テープを2枚剥がし、アンテナケーブルを抜いて、説明書によれば2本のネジを取り外せば交換できるようだ。

 机の上やディスプレイの背面に設置するNUCにとって静音性は重要な要素。そこで動作音について簡易騒音計で計測してみたが、アイドル時最小34.4dB、高負荷時最大40.1dBとなった(室温22.7℃で測定)。感覚的には薄型ノートPCと同程度だと思う。

 ディスプレイの背面などに取り付けるためのVESAマウントはNUCでよくあるタイプ。VESAマウントを4本のネジでディスプレイに固定し、2本のネジを本体底面に装着し、あとは上からスライドさせてはめ込めば完成だ。

 ちょっと迷ったのは本体の前面と背面のどちらを上に向けるかという点。電源ボタンの押しやすさやケーブルの取り回しを考えると、前面を上にしたほうがよいが、ビデオ/オーディオキャプチャーカードのHDMIパススルーやHDMI入力端子にケーブルをひんぱんに抜き差しするなら背面を上にしたほうが使いやすいはずだ。

■ 同CPUを搭載するノートPCよりピークパワーが低い可能性がある

 最後にパフォーマンスをチェックしよう。今回は下記のベンチマークを実施した。

・総合ベンチマーク「PCMark 10 v2.1.2506」
・3Dベンチマーク「3DMark v2.16.7117」
・CPUベンチマーク「CINEBENCH R23.200」
・CPUベンチマーク「CINEBENCH R20.060」
・CPUベンチマーク「CINEBENCH R15.0」
・3Dゲームベンチマーク「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者 ベンチマーク」
・ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 8.0.1」

 下記が検証機の仕様とその結果だ。

 笠原一輝氏の記事「Xe GPUの性能初見! 第11世代Core搭載ノートをベンチマーク」で、Core i7-1185G7を搭載したリファレンスデザインのノートPCのベンチマークが実施されているが、CINEBENCH R20.060のCPU(Multi Core)は2126 pts、CPU(Single Core)は573ptsだ。つまり今回の貸出機は、CPU(Multi Core)で約89%、CPU(Single Core)で約96%のスコアということになる。

 ちなみにCINEBENCH R23.200実行中のCPU温度とクロック周波数の推移を計測してみたが、最大クロック周波数は3,932.8MHzに達したものの、30秒後に3,150.2MHzまで低下し、以降ベンチマークが終了する2分28秒後まで平均3,186MHzに留まっていた。

 95×65×6mmというコンパクトサイズに収められたIntel NUC 11 Compute Elementは、少なくとも28WのCPUのTDPをフルに引き出せるリファレンスデザインのノートPCよりも発熱のためにピークパワーが低い可能性がある。

■ サステナブル志向のユーザーが選ぶPCとして一般化してほしい

 Intel NUC Compute Element最大のメリットはCPU、メモリを搭載したシステムボードをアップグレードできること。ストレージなどはそのまま使えるのだから、PCリプレースにつきもののOSのセットアップ、アプリインストールの手間が不要だ。

 また、ノートPCに採用されれば、パーツの廃棄を最低限に抑えられる。ディスプレイやバッテリがヘタったときに、システムボード以外を交換できるのも便利そうだ。

 Intel NUC Compute Elementはパフォーマンスや小型/軽量という点では不利だ。しかし、もう少し脱着の機構を簡単にして、サステナブル志向のユーザーが選ぶPCとして一般化してほしいと思う。

PC Watch,ジャイアン鈴木

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button