ゲームニュース

【海外版・3/31~4/6 IR記事まとめ】ラスベガス好調、急速な回復 モヒガン韓国カジノ開業を1年延期に (1/2) | JaIR -日本型IRビジネスレポート-

 JaIRがお届けする海外版・IRニュースまとめでは1週間分の海外のIR関連記事をまとめ、毎週お届けしています(掲出日は現地時間)。今回は3月31日(水)~4月6日(火)までのIR関連記事。出典サイトは記事の文末にまとめて記載していますが、各社のSNSも情報ソースとしています。なお、1ドル=109円、1マカオパタカ=13円換算です。

2021年4月6日(火)

【アメリカ】ラスベガス市場は「急速かつ強力な回復の真っ只中」:モルガン・スタンレー

Las Vegas market “in the midst of a fast, strong recovery,” Morgan Stanley says

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/06/57123-las-vegas-market-in-the-midst-of-a-fast-strong-recovery-morgan-stanley-says

金融機関グループ、モルガン・スタンレー(MS)のゲーム業界に関する報告書によると、ラスベガス市場について、「急速で力強い回復の真っ只中にある、特に予約動向が好調である」と評価分析している。また、同社はウォールストリートの格付け企業がMGMとシーザーズの収益力を「著しく過小評価している」として、格付けをアップグレードした。

資料では「注目すべきは、ウォール街の意見では21年第2四半期のラスベガス稼働率をわずか60%と予想していたが、実際には3月はすでに63~70%に達している」とし、週末の客室稼働率は95%まで回復、それに伴いオペレーターも料金を高く設定することができており、平日の客室稼働率も2月の30%台から現在は50〜60%に上昇していると言及した。

また、ネバダ州による規制である50%のキャパシティ制限、6フィート(1.8メートル)のソーシャルディスタンス(社会的距離)が緩和される時期が5月であることから、6月の大規模コンベンション「The World of Concrete」に注目が集まり、夏に向けての改善を期待するとした。

直近では週末の客室稼働率95%と、力強い回復が報告されている

【アメリカ】シーザーズ、ラスベガス施設に200名以上を採用 バーチャルイベントで

Caesars Las Vegas properties hiring for over 200 housekeeping positions in virtual event

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/06/57118-caesars-las-vegas-properties-hiring-for-over-200-housekeeping-positions-in-virtual-event

シーザーズは、今週、ラスベガス施設の清掃員として200名の採用イベントをバーチャルで開催する。シーザーズ・パレス、リオ、ハラーズ・ラスベガス、ザ・リンク、フラミンゴ、バリーズ、パリス・ラスベガスの7施設での雇用を対象とする。

【アメリカ】UFCとアメリカン・ゲーミング協会(AGA)が責任あるゲームキャンペーンで提携

UFC and American Gaming Association partner on responsible gaming campaign

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/06/57126-ufc-and-american-gaming-association-partner-on-responsible-gaming-campaign

世界有数の総合格闘技組織(UFC)は、アメリカン・ゲーミング協会(AGA)と、パブリック・キャンペーン「HaveAGamePlan.®BetResponsibly」において「責任あるスポーツベッティング」を推進していくパートナー提携を発表した。

AGAは、責任あるスポーツベッティングの重要性についてスポーツファンを啓蒙するために、2019年に同キャンペーンを開始している。UFCの他にも、モニュメンタル・スポーツ&エンタテインメント(全米プロバスケットボール協会のチーム)、ベガス・ゴールデンナイツ(プロアイスホッケーチーム)、ファンデュエル(ファンタジースポーツの企業)が公式キャンペーンパートナーとして参加している。

【マカオ】ドイツ銀行 マカオGGRの第2四半期予測を32%引き下げ

Deutsche Bank lowers by 32pct its Macau 2Q GGR forecast

http://www.ggrasia.com/deutsche-bank-lowers-by-32pct-its-macau-2q-ggr-forecast/

ドイツ銀行は、マカオ市場における第2四半期のカジノのGGR予想を約3分の1引き下げた。6月30日までの3ヶ月間のGGRは29.7億ドル(約3,259億円)で、以前の予想である43.9億ドル(約4,817億円)から32.3%の下方修正となる。

この数字は、パンデミック禍の旅行規制において、マカオへのインバウンド観光が事実上停滞していた2020年第2四半期に記録した4億480万ドル(約444億円)と比較すると、依然として前年同期比634.8%の改善となる。しかし、同社アナリストのカルロ・サンタレッリ氏は、マカオの3月GGRの結果は、「2019年3月に達成したGGRに対して68%の不足」と指摘した。

【中国】中国政府89名に渡航禁止令、一部に海外ギャンブルと関係があったと発表

China bans travel for 89, says some had overseas bet links

http://www.ggrasia.com/china-bans-travel-for-89-says-some-had-overseas-bet-links/

中国の改正刑法では、「国境を越えたギャンブル」をほう助することが禁止され、今年3月1日から施行されている。

中国の国家出入国管理局は、「国境を越えたギャンブル」や「詐欺」、あるいはその両方に関与した疑いがあるとして、89名のパスポートを無効にしたと発表した。また、これらの人々は「3年間」国外への出国を禁止される。移民局は、89人が「国境を越えたギャンブル」や「詐欺」に関してどの国と関係があるとするか詳細は明らかにしなかった。

今年初め、中国政府は、国境を越えたギャンブル観光に関し当局の「ブラックリストシステム」に、いくつかの海外の観光地を追加すると述べていた。しかし、当時もその場所を特定することはできなかった。投資アナリストによると、中国のリストでは、カンボジア、フィリピン、ベトナムなどの東南アジアの新興ギャンブル地域、さらにはオーストラリアへの警告であると指摘している。

2021年4月5日(月)

【ラスベガス】ネバダ州のカジノ、対応向上のために従業員にワクチン接種を推進

Nevada casinos should get workforce vaccinated to increase capability

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/05/57098-nevada-casinos-should-get-workforce-vaccinated-to-increase-capability

ネバダ州のカジノ規制当局は、現在のゲーミングフロア稼働率制限を50%以上に引き上げるために、州の許可を求めるカジノ運営に対し、従業員にCovid-19ワクチン接種を勧める措置を取らなければならないとしている。またカジノ運営会社に対し、従業員がワクチンを接種するための有給休暇の提供、ワクチン接種場所への交通手段の調整、ワクチン配布のための薬局会社との調整を促すガイドラインを示した。

ラスベガスの2大カジノ企業であるMGMリゾーツ・インターナショナルとシーザーズ・エンターテインメント、そしてコスモポリタンとウィン・リゾーツは、それぞれの施設内に設置されたクリニックで従業員にワクチン接種を実施している。また、ステーション・カジノは、新たに6つのクリニックを開設する予定だ。

ネバダ州は土曜日に、462人の新規Covid-19感染者数と14人の死亡者を報告した。同州では、今週より年齢に応じた予防接種の対象者を16歳以上のすべての人に拡大する。

【ラスベガス】ラスベガスの映画館で幕を開けるリーガル・シネマズ

Regal Cinemas raising the curtain at Las Vegas theaters

https://www.reviewjournal.com/entertainment/movies/regal-cinemas-raising-the-curtain-at-las-vegas-theaters-2321304/

昨年10月から米国内536か所の映画館を閉鎖していた、ネバダ州南部で最大の映画館チェーンであるリーガル・シネマズは、ネバダ州レッドロック・リゾートの映画館を皮切りに再開した。5月14日頃までに主要な大規模施設を稼働する予定である。

2021年4月2日(金)

【アメリカ】WynnBET 全米5州目となるモバイル・スポーツブックをローンチ

WynnBET launches mobile sports book in fifth state

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/02/57088-wynnbet-launches-mobile-sports-book-in-fifth-state

ウィン・リゾーツが運営するモバイル・スポーツブックである、WynnBETアプリの全米展開がインディアナ州に進出した。ウィンにとってニュージャージー、コロラド、ミシガン、バージニアに引き続き、5州目でのサービスローンチとなる。WynnBETは今後、アイオワ、マサチューセッツ、ネバダ、オハイオ、テネシーで市場を拡大する計画である。

【ニューヨーク】エンパイア・シティ・カジノが通常営業に戻る

Empire City Casino returns to normal hours

https://www.yogonet.com/international/noticias/2021/04/02/57091-empire-city-casino-returns-to-normal-hours

MGMリゾーツが運営するニューヨーク州のエンパイア・シティ・カジノは、パンデミックにおいて週末に限定した営業となっていたが、通常営業に戻った。

収容人数は州令により25%以下のキャパシティで引き続き制限される。また、敷地内では常にマスクが義務付けられる。MGMリゾーツの全社的な7点安全計画(感染症対策)の一部を用い、すべてのゲストと従業員の検温、カジノフロア全体の社会的距離、施設全体の手洗いと衛生ステーションなどの対策が含まれる。また、ヨンカーズ・レースウェイでのハーネスレース(競馬)も無観客で再開される。

 

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button